乾たつみのコスコラ! ~その16~ コスプレのロケ撮影 / Tatsumi’s Cosplay Column vol.16


こんにちは、キュアの乾たつみです。

活動派キャラのコスプレをしていると、やっぱりスタジオの様な箱の中でなく大自然や広大なロケーションで撮影したくなりますよね?
「よし!近所の山や川で撮影してくるぜ!」と東京近辺の野原に繰り出せば警備員や警察官に声を掛けられるなんてアクシデントに見舞われるかも。
近くの公共施設でコスプレ撮影するにも、公園の管理施設や道路や山を管轄している警察署などで使用申請が必要です。
ポートレート撮影ですら場所によってはNGだったりと、なかなか面倒です。

東京都内のロケ地を紹介している「東京ロケーションボックス」なら、許諾申請先や問い合わせ先も書いていて便利です。
http://www.locationbox.metro.tokyo.jp/
場所の手配をしてくれる「スペースマーケット」は、ロケ地の情報もあります。
https://spacemarket.com/
中には鳥取中部の観光協会がやっている「鳥取中部コスプレ受入コンシェルジュ」のような、コスプレロケの手続きの仲介など、ありがたいサービスをしている団体もありますので、活用してみては如何でしょう?
http://www.nashinohana.com/cos/
ネットで探せば、こういった申請先をまとめた所や、仲介してくれる団体など見つかるかと思います。
無用なトラブルで中断など、折角のロケ撮影で嫌な想いをしないように前準備はしっかりとしましょう♪
で、実際にコスプレロケ撮影する際の注意点としては、下記のような事が挙げられます。

・私有地に立ち入らない
廃墟とか廃屋などは、放置されているように見えますが、大体は管理してる会社や人がいますので、勝手に入ると不法侵入で罰せられます。

・危険な場所に立ち入らない
崖とか水辺で柵がある所などでは、いくら景色が良くても立ち入らない事。下手すれば死にますよ。

・ゴミは持ち帰り
お弁当のガラやペットボトル、使用済みのクレンジングシートなど、ロケ中に出たゴミは現地に捨てるのではなく、キチンと持ち帰って家で処理しましょう。

周りへの気配りが、今後他の方のロケ撮影にも繋がりますので、充分に注意いたい所ですね。
次回は、ロケは良いので自宅でコスプレを楽しみたいインドア派に向けた「宅コス」についてお話します。

[筆者紹介]
乾たつみ(Tatsumi Inui)
Cure WorldCosplayの中の人。コスプレ歴は四半世紀のコスプレイヤー。
世界で開催されているコスプレコンテストの審査員やメディアでコスプレの解説員を務める傍ら、コスプレステージ普及にも努めている。
【SNS】
WorldCosplay @tatsumi_inui
Twitter @tatsumi_inui
Facebook @tatsumi.coser
Weibo @2524198910

 <<コラム15へ戻る | go back to Vol.15



みなさんにおすすめのコンテンツ|  Recommended Contents:

▶︎全世界から投稿されたコスプレ写真を週替わりで紹介!
WeeklyPickupCosplayer へ

▶︎人気コンテンツのコスプレを集めました!
過去のコスプレ特集| Cosplay Collection History

▶︎東京ゲームショー、ニコ超などコスプレイヤーが集まるイベントレポートが盛りだくさん。
イベントレポート一覧 | Event Report History

▶︎コスプレイヤーさん、カメラマンさん、造形師さんへのインタビュー記事!ここでしか聞けない生の声を見逃すな。
インタビュー一覧 | Interview History

▶︎知れば納得!おすすめ情報!
乾たつみのコスプレコラム| Cosplay Column History へ