乾たつみのコスコラ!! ~その35~ 海外イベント漫遊記 -タイ- その2 / Tatsumi’s Cosplay Column vol.35


こんにちは、キュアの乾たつみです。

前回はタイでの日本の漫画アニメの人気ぶりをご紹介しました。
今回はいよいよタイでのコスプレに関するお話です。

タイのコスプレメッカと言えば「セントラル・ワールド・プラザ」

バンコク中心部にあるショッピングモールで、前の広場や施設内でコスプレイベントやジャパンフェスイベントなどが開催され、沢山のタイコスプレイヤーが楽しんでいます。
ISETANもあるので、日本人観光客の姿もチラホラと。

タイでも多くのコスプレイベントには海外のイベントによくあるスタイルで更衣室が用意されていないケースが多いです。
デパート内のトイレや物陰でササっと着替えていたりするので、時々目のやり場に困ることが。

タイでは、日本で流行しているゲーム、アニメ、漫画のコスプレが時差無く流行っています。
ほぼ日本と同じサイクルで作品人気の浮き沈みも激しく、そのコスプレ衣装需要を支えているのが、衣装制作業者の多さです。
元々は、都内や布の問屋街の近くに寄り集まっていたオーダーメイドのスーツやドレスなどを縫製する個人事業者が、兼業でコスプレ衣装のオーダーメイドを受け始めたのが切っ掛けで、今では多くのコスプレ衣装オーダーメイドのお店が出来ました。


オーダー方法としては、発注者自身が布を購入して、衣装の資料(アニメや漫画の切り抜き、設定資料集のコピーなど)を、お店に持ち込み、採寸や希望の打ち合わせをして発注します。


※中国人街やインド人街と言われる一角には多くの布屋さんが点在しており、日本より安いです。

※中には靴やブーツのオーダーメイドの店もありました。


オーダー価格は物にもよりますが、日本円にして1着1万~2万円ほど。繫忙期を除いて通常なた約1か月で出来るそうです。

世界遺産でコスプレ

余談にはなりますが、私がタイのイベントと絡んでいた時に運良く、タイの観光庁から世界遺産である「アユタヤ寺院」でのコスプレ撮影を許可頂き、日本からの参加者を集めて撮影会を開催しました。
コスプレに関して寛容な所も多く、タイでは色々な場所でコスプレを楽しむことが出来るでしょう。



 <<コラム Vol.33へ戻る | go back to Vol.33>>


[筆者紹介]
乾たつみ(Tatsumi Inui)
Cure WorldCosplayの中の人。コスプレ歴は四半世紀のコスプレイヤー。
世界で開催されているコスプレコンテストの審査員やメディアでコスプレの解説員を務める傍ら、コスプレステージ普及にも努めている。
【SNS】
WorldCosplay @tatsumi_inui
Twitter @tatsumi_inui
Facebook @tatsumi.coser
Weibo @2524198910