乾たつみのコスコラ!! ~その46~ コスピタリティ / Tatsumi’s Cosplay Column vol.46


こんにちは!CureWorldCosplayの乾たつみです。

さて、10月に入りいよいよハロウィンシーズンの到来です。
ハロウィンには多くのコスプレイベントやパレード、街コスが開催されますね。
普通のコスプレイベント違ったパーティ感覚のイベントは楽しいものです。
年に1度、ハロウィンの時期だけにコスプレを楽しむ方も多いでしょう。
メディアでも毎年のハロウィンの盛り上がりを告げて、その盛況ぶりを感じます。

ただその反面、イベント中のトラブルやイベント後の駅周辺の惨状も同時によく聞きます。
と、言うことで今日は『コスピタリティ』について話してみたいと思います。

『コスピタリティ』とは「コスプレ」「ホスピタリティ」を掛け合わせた造語で、元々はコスプレイベント会社「ココフリ」の高橋氏の提唱が始まりでした。

ホスピタリティとは、『おもてなし』と訳される事が多いですが、ここでは「相互理解」や「協和」の意味で『互いに相手を大切にし、協力し合う関係にあること』を意味で使っています。

コスプレには、イベント参加のルールはあっても、明確な「コスプレ」自体のルールが存在しません。
ルールどころかコスプレの定義すら曖昧な有様です。
多くのマイルールが存在し、しばしばマイルールの違いより諍いに発展する場合もあります。

人の価値観も千差万別。
それぞれが自分のルールや正義を押し付けあっては、折角の楽しいコスプレイベントも台無しですよね。

最低限、相手に迷惑を掛けないなどの人としてのルールは必要ですが、本当に必要なのは相手への「思いやり」です。
相手への思いやりが、「譲り合い」や「円満」な対応に繋がることでしょう。
コスプレを通じた「協和」=「コスピタリティ」を今年のハロウィンイベントで心掛けてみては如何でしょう?

「コスプレから広がる思いやり」で、きっと今年のハロウィンイベントは、一層楽しい物になりますよ。

 <<コラム Vol.45へ戻る | go back to Vol.45>>


[筆者紹介]
乾たつみ(Tatsumi Inui)
Cure WorldCosplayの中の人。コスプレ歴は四半世紀のコスプレイヤー。
世界で開催されているコスプレコンテストの審査員やメディアでコスプレの解説員を務める傍ら、コスプレステージ普及にも努めている。
【SNS】
WorldCosplay @tatsumi_inui
Twitter @tatsumi_inui
Facebook @tatsumi.coser
Weibo @2524198910