「花魁」と「#異色肌ギャル」。/ Oiran & #ishokuhada gals


「#異色肌ギャル」が「花魁」姿で表参道に登場!!

#IshokuhadaGyaru (=unusual skin colored Gyaru (girls))  in Oiran style appeared in Omotesando the other day.

How do you like them? You might see this kind of cute colorful Gyaru on Halloween :)! 
 
体全身をメイクした美しいギャル集団「#異色肌ギャル」が2107年9月9日に表参道に登場した。通行人などは、その姿に驚きカメラやスマートフォンを構え撮影する姿もあったという。今年のハロウィンはこういったコスプレが流行るかもしれない。


 


 

 


「#異色肌ギャル」をご存知ですか?

2017年6月、グラビアモデル・miyako(赤根京)さんが、自身が主催した「#異色肌ギャル」の撮影会を自らのTwitterにアップした所、瞬く間に大反響を呼び日本国内だけでなく世界中で注目を浴びました。アニメや漫画の世界から出てきたような「異色肌」と鮮やかなファッションは見るものをトリコにします。
What’s #Ishokuhada ? (ishoku = unusual color +  hada = skin)

Japanese pinup girl Miyako held #ishokuhada photo session back in June 2017. (She’s the one in green skin) 

Once she tweeted with pictures of these colorful skin girls, it didn’t take time to become everyone’s topic! Her colorful and fashionable style, as if they are popped out from manga/anime world, is attracting lots of people:) 

 


 


 

 



1980年後半に生まれが「ボディコン」と呼ばれるワンピースを着た女性が登場。この頃に「ギャル」という言葉は生まれた。この頃からすでに変装するというコスプレは流行っていた。90年代に入ると「アムラー」が増殖し、ミニスカート・厚底ブーツなどといったファッションが登場し、瞬く間に世間を飲み込んだ。

2000年には、「ヤママンバギャル」の登場や「キグルミン」などたくさんの、流行を作っているギャル達の最先端がこの「#異色肌ギャル」。時代の流れと共に「可愛い」を追求したギャル達のコスプレに今後も目が離せません。
 

出典「miyako さん Twitterより」

Source: miyako’s Twitter