乾たつみのコスプレコラム ~その2~ コスプレの歴史1/ Tatsumi’s Cosplay Column vol.2


こんにちは、キュアの乾たつみです。
コスプレの歴史についてお話しましょう。
別にテストに出るわけじゃないので、年号なんて覚える必要はありませんよ。

Hello! This time I’ll talk about History of Cosplay!
You don’t have to memorize anything, it’s not a test 😀

そもそも人間は自分以外になりたい願望が多かれ少なかれあります。
自分以外の「何か」になって気分を高揚させる場合、大概は自分より「偉い」者や「強い」者、「特殊技能を持つ」者、「憧れている」者になりたいと思う気持ちがあります。

First of all, we all have more or less desire to become someone else.
Usually, we want to become someone “greater” or “stronger”, someone with “special ability” or your idol to pump you up.

またに地位の高い方が、普段のプレッシャーから解放されるべく責任の無い立場にチェンジする特殊なプレイは、今回話がややこしくなるので除きます。(文禄3(1594)年に豊臣秀吉が瓜売り屋のコスプレをして遊んだとか・・・)

Sometimes, someone of high position, who wants to release his/her pressure, cosplay as someone else of lower position, but it’s a special case and complicated, so I am not going any further about it:P
(* It is said that Hideyoshi Toyotomi played cosplaying as a melon seller in 1594.)


変身願望は人間の根本な欲求で、古代のシャーマニズムは神様をイメージしたメイクを施し、衣装を着こみ、神を降ろして同一化する。これってまさに「神さま」のコスプレですよね!
そう定義するとコスプレの歴史は太古の昔からある事になります。

そこまで遡ると話が終わらないので、次回は「キャラコス」の歴史に絞ってお話しします。

Having desire to become someone/something else is very natural as a human being.  For certain ancient religion, I heard they did makeup of the image of God and dressed up. Could it be God Cosplay? If so Cosplay were already born in ancient time, before the word Cosplay was born.

Well, that is too long time ago, so let’s talk about History of Character Cosplay next time.

Thanks for reading 🙂

Tatsumi Inui

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<<コラム1へ戻る  コラム3へ進む >>