乾たつみのコスプレコラム ~その4~ コスプレの歴史3/ Tatsumi’s Cosplay Column vol.4


こんにちは、キュアの乾たつみです。

日本でのキャラコスの発祥は、ワールドコンの流れを汲む日本SF大会にて開催されていたコスチュームショーがその起源とされています。

日本製のアニメ・漫画のキャラクターでのキャラコスを誰が一番最初に始めたかについては、1978年芦ノ湖で開催された第17回日本SF大会・アシノコンにて、小谷真理氏(現SF評論家)が海のトリトンのコスプレをしていたとの周囲の声があり、日本初の日本アニメのキャラコスと言われていました。

The first Character Cosplay in Japan originate in Costume Show at Japan SF Convention. Well, then who first did cosplay as a Japanese anime/manga character??
Back in 1978, at 17th Japan SF Convention “ASHINOCON”, they saw Mari Kotani was cosplaying as Triton of the Sea there, and it’s said she’s the first Japanese who did Japanese anime chara-cos. (She is now SF critic)

However..!

海のトリトン|Triton of the Sea( 藍川雪之丞さん | By Yukinojoh Aikawa

が、実は小谷氏の衣装はSF小説「火星の秘密兵器」の表紙に掲載されている人物のコスプレで残念ながら周囲の勘違いだった言うオチでした。
その1年前の1977年、大田区で開催されたコミックマーケット5にて、海のトリトンのコスプレをした方がいたとの記録があり、「海のトリトン」が記録に残っている上では最古のキャラコスのキャラには違いありません。が、「誰が?」については未だ謎のままです。
もし、それ私の知り合いです。とか、それ私です。とか言う方がいらっしゃいましたら是非、乾までお知らせください。^^

She was actually cosplaying as a character on the cover page of A Fighting Man of Mars by Edgar Rice Burroughs, so whoever cosplayed as Triton of the Sea, it wasn’t she in the end 😛
There were actually a Japanese person who did cosplay as Triton of the Sea at Comicket 5 in 1977, one year before ASHICON. So it is the oldest chara-cos on the record, but the person is still unknown.
If you know the person, please let me know :3

次回は、はじめてコスプレを始める方の悩みについてのお話です。
Next Column will be about the common things for people’s first cosplay.

参考:コスプレ学概論(牛島えっさい・著)、コスプレハンドブック(牛島えっさい・著、阿島俊・編)

References:

Essai Ushigima. Cosplay-gaku Gairon  Shuppan Hyoronsha, 2017

Essai Ushigima, Shun Ajima (eds.). Cosplay Handbook  Kubo Syoten, 1995

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<<コラム3へ戻る | go back to Vol.3