乾たつみのコスコラ! ~その13~ コスプレイベントについて / Tatsumi’s Cosplay Column vol.13


こんにちは、キュアの乾たつみです。
今回はコスプレイヤーが参加するコスプレイベントについてのお話です。
コスプレイベントは、大きく分けて2つに分かれます。

・「コスプレ」も出来るイベント
・「コスプレ」が出来るイベント。

「コスプレ」も出来るイベントは、主体が同人誌即売会やアニメやゲーム、作品のコンテンツイベントで「コスプレ」もして良いですよ。と言うイベントです。
例えば、AnimeJapanとか東京ゲームショウ、コミケなどのイベントがこれに該当します。
新作アニメやゲームの情報を得たり、同人誌を買ったりするのが主な目的で、その一角でコスプレをして遊べる環境のイベントを指します。
一方「コスプレ」が出来るイベントは、コスプレが主体のイベントで、コスプレ以外のコンテンツが無い、若しくは少ないイベントです。
例えば、となりでコスプレ博や池袋ハロウィンコスプレフェス、世界コスプレサミットなどのイベントがこれに該当します。
基本的には、不特定多数のコスプレイヤーが集まる撮影会と言った趣旨のイベントで、撮影会と言っても、通常のモデルを囲んでの撮影会とは違い、コスプレイヤー同士やマンツーマン若しくは、コスプレイヤーグループに数人のカメラマンで構成される撮影スタイルが多いです。

「コスプレ」も出来るイベントでは「囲み」と呼ばれる、1人のコスプレイヤーに対して複数人のカメラマンが囲んで撮影するスタイルが良く見掛けられるので、一般的なコスプレイベントでの撮影のイメージは、そちらが主体に思われがちですが、実はマンツーマンやコスプレイヤー主体でカメラマンが少ない撮影会が大部分を占めます。
因みに、コスプレイヤーをカメラマンが撮影する際に「囲み」の他に、「並び」と言う物があります。
これは、1人のコスプレイヤーを複数人のカメラマンが撮影する際に、順番に並んで、1人のカメラマンの撮影が終われば、次のカメラマンが撮影すると言うマンツーマン型の撮影形式です。
人気のあるコスプレイヤーやキャラクターの場合、並びが長蛇の列になる場合もあるので、並びの際には手短に撮影を切り上げるのが優しさですね。

次回はイベントなどで、楽しまれるコスプレの「あわせ」についてのお話です。

[筆者紹介]
乾たつみ(Tatsumi Inui)
Cure WorldCosplayの中の人。コスプレ歴は四半世紀のコスプレイヤー。
世界で開催されているコスプレコンテストの審査員やメディアでコスプレの解説員を務める傍ら、コスプレステージ普及にも努めている。
【SNS】
WorldCosplay @tatsumi_inui
Twitter @tatsumi_inui
Facebook @tatsumi.coser
Weibo @2524198910

 <<コラム12へ戻る | go back to Vol.12



みなさんにおすすめのコンテンツ|  Recommended Contents:

▶︎全世界から投稿されたコスプレ写真を週替わりで紹介!
WeeklyPickupCosplayer へ

▶︎人気コンテンツのコスプレを集めました!
過去のコスプレ特集| Cosplay Collection History

▶︎東京ゲームショー、ニコ超などコスプレイヤーが集まるイベントレポートが盛りだくさん。
イベントレポート一覧 | Event Report History

▶︎コスプレイヤーさん、カメラマンさん、造形師さんへのインタビュー記事!ここでしか聞けない生の声を見逃すな。
インタビュー一覧 | Interview History

▶︎知れば納得!おすすめ情報!
乾たつみのコスプレコラム| Cosplay Column History へ