乾たつみのコスコラ!! ~その71~ 平成国別作品トレンド情報


こんにちは、Cure WorldCosplayの乾たつみです。

先日、新年号も発表され「平成最後のコスプレ」や「令和最初のコスプレ」を計画されている方もいるのでは?
CureWorldCosplayも平成生まれなので、「平成」の振り返りの意味も込めて、国別の特徴ある人気作品を紹介したいと思います。もちろん、ソースはCureWorldCosplayへの投稿枚数の集計からですよ。

【日本】

コンテンツ発信のおひざ元。ブームの火付け役は日本から!登録作品数が最も多い国です。
その中で和風キャラの多い「刀剣乱舞」人気は世界一。

【中国】

上位人気は日本とほぼ同じ。アジア圏内の流行へのリスペクト率は高いですね。
そんな中でも中国産のアプリ、ネットゲームの人気は他国より高いのが特徴的。

【台湾】

台湾も上位人気は日本とさほど変わりませんが、「妖狐×僕SS」の人気は根強く、「アンライト~Unlight~」が上位に入っているのが台湾独特のランナップでした。

【香港】

台湾と人気作品群に差異はありませんが、「アンライト~Unlight~」の代わりに「艦隊これくしょん-艦これ-」の人気が高い。

【韓国】

韓国人気のネットゲームが上位に食い込んでるのが、さすがネットゲーム大国と言えるでしょう。

【アメリカ】

アメリカではNARUTOやONE PIECEを大きく引き離して「進撃の巨人」が大人気!他国にはないくらいのブレイク感でした。

【ロシア】

上位ランクは他国とそう変わらないのですが、「トリニティブラッド」が上位に食い込んでいるのがロシアっぽい。
耽美系コスプレが似合うこと、この上なしなお国柄ですね。

【ブラジル】

南米ではさすがに「NARUTO」がぶっちぎりで大人気。続いてボカロ、League of Legendsと海外でも人気の高い作品が続いています。

【フランス】

香港や韓国でもNo1人気を誇っている「ラブライブ!」がフランスでもNo1人気。続編のラブライブ!サンシャイン!!

こうやって見回してみると各国ごとに特徴ある人気作品があって面白いですね。
CureWorldCosplayでは、12か国語に対応しているので、世界各国のコスプレがリアルタイムに観れます。
(https:worldcosplay.net/)
観るだけでも、充分楽しめますが、あなたのコスプレ写真もガンガン投稿して、世界のコスプレイヤーやコスプレファンにリーチしてみませんか?
アクティブに世界からの反応が返ってきて楽しいですよ♪

 <<コラム Vol.70へ戻る | go back to Vol.70>>


[筆者紹介]
乾たつみ(Tatsumi Inui)
Cure WorldCosplayの中の人。コスプレ歴は四半世紀のコスプレイヤー。
世界で開催されているコスプレコンテストの審査員やメディアでコスプレの解説員を務める傍ら、コスプレステージ普及にも努めている。
【SNS】
Cure WorldCosplay @tatsumi_inui
Twitter @tatsumi_inui
Facebook @tatsumi.coser
Weibo @2524198910