群馬県でコスプレマラマソン 「安政遠足(とおあし)侍マラソン」開催


コスプレマラマソン

群馬県安中市で、侍などにふんしたランナーが走る江戸時代ゆかりのユニークなマラソン大会が開かれました。

このマラソン大会は、江戸時代に、安中藩が藩士を鍛えようと行った「安政遠足」を伝えようと、毎年、開かれています。 ことしは、20キロと29キロの2つのコースにおよそ1800人が参加し、午前8時の太鼓の合図で一斉にスタートしました。
ランナーは侍や好きなキャラクターのコスプレをして参加し、NHKの大河ドラマ「西郷どん」にちなんで西郷隆盛にふんして走る人もいました。沿道に集まった人たちは、参加者の仮装を楽しみながら、「がんばれ」などと声援を送っていまして、コスプレランナーが走っている姿を撮影する人も多買った印象です。

主催の安政遠足保存会や市によると、安政2(1855)年に安中藩主が藩士に安中城から碓氷峠頂上までを徒競走させたのにちなみ、1975年から大会が続いている。今年はこの故事をモデルに、佐藤健さんら主演の映画「サムライマラソン」も公開され、注目度が高まっています。

大会は安中市中心部の安中城跡から峠ふもとの坂本宿までの20キロと、山道で峠頂上を目指す29キロの2コース。着順に加えて「仮装アイデア賞」もあるとのことです!!

〜 Cure WorldCosplay 〜

出典:朝日新聞 DIGITALL