乾たつみのコスコラ!! ~その83~ 海外イベント遠征のリスクヘッジ


こんにちは、CureWorldCosplayの乾たつみです。

幾度となくこのコラムでも紹介しました「海外のコスプレイベント遠征」
他国のコスプレイヤーやアニメファンとの触れ合いやコミュニケーションは、国内では味わえない刺激的なものです。
その魅力に取りつかれ、海外のイベントに参加するコスプレイヤーも年々増えてきました。


大きく成長してくると、中には悪意を持って関わってくる人も出てきます。
残念な話ですが、一部悪意ある密告者と入国管利局職員が結託して、コスプレイヤーを違法に取り扱う事件が起きました。
政府や入国管理局本部には正式な手続きをしているにも関わらず、事情聴取と称して入国管利局職員に任意同行をしたら犯罪者のような扱いを受けたという悲しい事態になりました。
詳しくは今回被害に遭われたWCS元日本代表チーム「みおまよ-MioMayo-」さんが書かれたコチラのブログをご覧ください。
【海外で活動する全ての人へ/マレーシアでの日本人とスペイン人拘束に関して】

◆ステージ出演時には商用ビザが必要?

ゲストコスプレイヤーとして招聘された場合、イベントやステージに有償で出演する場合には、商用ビザの取得は必要となるでしょう。
報酬が出ない場合、日本には『短期商用ビザ』と言うものがあります。
それに該当するビザが、訪問国にある場合には、それを取得してもらえると安心でしょう。
『短期商用ビザ』には、招聘されたゲストの渡航費、宿泊費、滞在費用をオーガナイザー側が負担しても、それは報酬とみなさいとされています。

ただ、国によっては法の解釈が不安定な為に、悪意ある法の解釈で拘束された場合があります。
最悪の事態を想定して予め危機管理の準備をしておくと良いでしょう。
本来、そんなリスクヘッジが活きてこない方が良いのですがね。

◆出発前の準備

現地で拘束を受けると、ガラケー、スマホ、タブレット、パソコンなど連絡手段を奪われます。
拘束時に周りに知人が居る際には、連絡先と連絡事項を伝えられますが、最悪だれも情報を託せる人が居ない状況も想定して家族や信用出来る知人に以下の情報を託しておくのをお勧めします。

1.パスポートのコピー
2枚コピーを取っておいて、1枚は家族に、もう1枚は財布など持ち歩き用にしましょう。
ステージ登壇などある際には、パスポートをカバンに入れていると盗難の可能性があるので、ホテルのセキュリティボックスに預けておくと安心です。

2.行き帰りの飛行機の航空会社名と便名、発着空港名と出発、到着時間
トランジットがある場合は、空港での乗り換え時間も記載しておいた方が良い

3.宿泊先のホテルの名称、連絡先や公式サイトのURL
入国カードに記載する必要もありますし、伝えておく必要があります。

4.参加イベント名、オーガナイザーの連絡先
Facebookのイベントページやオーガナイザーやアテンド担当者のSNSアカウント、メールアドレスなど。
なにか事件があった際には、記事投稿される場合が多いので、日本からの情報収集にも役立ちます。

5.現地に知り合いがいる場合にはその方の連絡先
こちらも現地友人のSNSアカウント、メールアドレスなどで大丈夫。

6.渡航国や地域の日本大使館、領事館の確認
問題が起こった時に実際に動くのが大使館員や領事館のスタッフなので、有事の際には情報はココに集約されます。

7.職場の連絡先(電話番号)と直属の上司名
拘束期間の無断欠勤をさける為にもお知らせしておいた方が良いです。

◆他にも・・・

1.パスポートの連絡欄にある連絡先は必ず書きましょう
パスポートの最終ページに緊急連絡先欄があります。
大使館や領事館の方はその情報をみて、連絡します。
出来れば、留守電に繋がる電話番号を記載しておきましょう。

2.招聘状を貰っておきましょう。
観光でイベントに参加する際には必要ないですが、イベントに招聘された場合、オーガナイザーから、招聘状をもらっておきましょう。
以下の情報が入っていればメールでも大丈夫です。

・イベント名
・イベント開催期間
・招聘期間(入国日から帰国日までの日付)
・招聘者名(会社の場合、社名と担当者名)と連絡先
・ギャランティの有無
・招聘内容(審査員とかステージ出演など)

あと、帰国の際にトラブルに巻き込まれない為の予防策もご紹介しましょう。

◆帰国前の注意

・もらったプレゼントの確認
海外の友人やファンからプレゼントを貰う機会もあるでしょう。
ありがたいものですし、嬉しいものです。
しかし、残念ながら100%安全な物はありません。
特にぬいぐるみとパッケージ品は、一度開封や綿貫などして中身を確かめましょう。
麻薬や違法品の密輸は他人の荷物に紛れ込ませて税関を抜けさせて、あとから窃盗で回収する手口が多いです。
知らない間に犯罪に加担しても、罪に問われます。
自分の身の安全は自分で守りましょう。

・果物、肉製品は、日本に持って入れません。
渡航先の国でジューシーな肉や加工品(ビーフジャーキーなど)、果物。美味しそうですよね。
お土産にと買っても、植物検疫で引っかかり日本に持ち込めないです。
帰国の出国時までに、食べてしまいましょう。

ここに挙げたのはホンの一例です。
海外遠征はすごく楽しいです。その反面、日本以上に危険もあります。
日本国内の常識や考えは通じないと用心するくらいが丁度良いでしょう。

しっかりと準備と対策をして、海外イベント遠征を楽しみましょう!

 <<コラム Vol.82へ戻る | go back to Vol.82>>


[筆者紹介]
乾たつみ(Tatsumi Inui)
Cure WorldCosplayの中の人。コスプレ歴は四半世紀のコスプレイヤー。
世界で開催されているコスプレコンテストの審査員やメディアでコスプレの解説員を務める傍ら、コスプレステージ普及にも努めている。
【SNS】
Cure WorldCosplay @tatsumi_inui
Twitter @tatsumi_inui
Facebook @tatsumi.coser
Weibo @2524198910