乾たつみのコスプレコラム ~その8~ ウィッグの進化 / Tatsumi’s Cosplay Column vol.8


こんにちは、キュアの乾たつみです。

ウィッグがコスプレの必須アイテムになったのは、20年ちょっと前からですが、それまでは地毛で楽しんだり、気合いの入った方はカラーヘアスプレーで染めていました。
Wig became must-have items for cosplay about 20+years ago.
Until then, we used to enjoy with our real hair, some of them with higher motivation use color spray.

老舗のウィッグ屋さんは30年ほど昔からありましたが、当時は1本10,000円~20,000円前後と結構高価で気軽に素人がカットやセット出来る代物ではありませんでした。
We had wig stores about 30 years ago, but it was more expensive about $100~200, so it was not easy for us to cut or arrange as we want.

しかも、その頃のウィッグはカネカロンやトヨカロンと言った合成繊維で作られていて、非耐熱でカラーバリエーションも今ほど豊富では無く、ロングウィッグなど1回使うとあっと言う間にからんでしまって、次に使う際のメンテナスがとても大変でした。
風のキツイ日なんて、イベント会場で絡まってしまい、にっちもさっちもいかないコスプレイヤーが多々居ました。
At that time most of wig hairs are wither kanekalon or Toyokaron, which are not heat resistance and they do not have many choice of colors.

 

*For maintenance, start brushing the tips of the wig and  brush the top in the end. 
※ちなみにロングウィッグは毛先の方からブラッシングして、毛先の絡みが取れたら、すく位置を上げて、最終的に頭頂部分からすくようにしましょう。
いきなり頭頂部からすくと繊維が絡まって、余計にすけなくなります。